FC2ブログ

俺の話を聴け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

至福の休日3

2杯目の焼酎に炭酸を注ぐ。
このとき、炭酸が少なすぎる場合は当然、

ソトおかわり!

ということになる。
おかわりした炭酸は焼酎一杯分では使い切れないので、

ナカおかわり!

となってしまう。

これでは、ナカおかわり!ソトおかわり!を永遠に繰り返し続けなければならない。

俺は慎重にソトをぴったりのレシピで使い切った。
人間観察をしながらゆっくり飲む。


この店は人気店なので店の外にもテーブルを出している。
このテーブル席には無頼を気取る若い衆がよく座っている。
昼から飲んでいるアウトローな俺を見て見て!
そんな光線を四方八方に出しつつ大声で話している。

ところが親父たちが飲んでいる店内は明らかに雰囲気が違う。
親父たちの、酒を飲むという強い意志とかすかな後ろめたさが、一分のすきもない所作とあいまって、凄みさえ漂う独特の濃密な空気を作り出している。
しかもどうみても明らかに俺が最年少。

渋すぎる大人の男の世界だ。

さて、2杯目の酎ハイを飲み干すと俺は席を立った。
この時点でまだ昼の12時15分。
昼酒はなんでこんなに効くんだろう。

すっかりいい気持ちになった俺は、もう一軒気になる店があったことを思い出した。


さらにつづきまふ。
スポンサーサイト
2008/08/31(日) 18:08:53 徒然 トラックバック:0 コメント:1

至福の休日2

アメ横の「大統領」はその筋では有名な店だ。
その筋ってどの筋だ。

大統領は朝10時半から開店している。
俺はコの字型のカウンターの隅に腰を下ろした。
生ビールともつ焼き。
何しろ朝1時間走って、何も食べずに上野まで自転車でやってきたのだ。
5秒で一杯目を飲み干し、すぐにおかわり。
2杯目の生ビールともつ焼きで、さっき購入した本をぱらぱら・・・

本から目を離し店内を見回す。
平日の午前中だというのにガンガン飲んでいるオヤジで満員だ。
このオヤジたちはいったいどんな人たちなんだろう。
自分のことは棚に上げてぼんやり考える。

2杯目の生ビールを飲み干し、酎ハイをオーダーする。
生ビールなんて軟弱な酒を飲んでいるのは俺一人だったからだ。

酎ハイは「ナカ」と「ソト」が別々に来た。
氷入りのジョッキになみなみと注がれた焼酎(ナカ)と、炭酸(ソト)が別々に来たのである。

ジョッキに焼酎がたっぷり入っているので、炭酸が半分しか入らない。
少し飲んだ後、残りの炭酸をジョッキに入れればいいのだが、そんな軟弱で腰の引けた飲み方は許さんからな!というオヤジたちの無言のプレッシャーが店中に充満している。

俺はキューーーっと1杯目の酎ハイを飲み干すとカウンターの中のお姐さんに叫んだ。

ナカおかわり!

朝たっぷりと汗を流し、健康的に澄み切っていた俺の頭の中に、甘美で怠惰な霧がかかり始めた・・・

つ、つづく・・・
2008/08/31(日) 17:15:55 徒然 トラックバック:0 コメント:3

至福の休日

いやぁ更新ずいぶんさぼっちゃったなぁ。
オリンピックやらなにやらで。
夏もそろそろ終わりそうなので、心を入れ替えてがんばって更新します。
では。



「至福の休日」

先日の休日のこと。

朝いつもの河川敷を1時間ゆっくりと走る。
家に帰ってシャワーを浴び、冷たいミネラルウォーターを飲む。
バレーボールの合宿用にハーフパンツを買いに出る。

自転車で上野へ向かう。
のんびりと愛車のビーチクルーザーをこぐ。
空が高くてまるで晩い秋のような日だ。

上野到着。
いつもの駅の駐輪場に自転車をとめる。
まずは本屋。
本の雑誌9月号ほか数冊購入。

上中通りのロンドンスポーツで外国人に混じってアディダスのハーフパンツ(半額)購入。

うむ。ここまでは実に健康的で明るく正しい休日だ。

この後、アメ横の「大統領」にふらっと入ってしまうまでは・・・

つづく



2008/08/30(土) 17:43:52 徒然 トラックバック:0 コメント:0

バレーボール16

あるとき、Oがかつて所属していたチームと同じ試合会場になったことがある。

もちろんリーグが違うので対戦したわけではない。
だが、そのチームのメンバー全員はOが移籍したチームはいったいどんなチームなんだろうという目で俺たちを見ていた。

彼らから見れば、自分たちのチームの要で正セッターでもあったOが、自分たちの留意を振り切って移籍したチームだ。

いったいどれほどのチームなのか。
どんなメンバーがいるのか。

俺は彼らの視線が痛いほどだった。

俺は救助員の試験の話の中でも書いたが、何気ないしぐさとか、所作でそのスポーツの達人に見せてしまうテクニックを持っている。

本番の試合には、本当に、全く、これっぽっちも役にたたないテクニックだけど。

俺はこのときも、体育館の壁に向かって連続して軽くボールを打つ、というこれまた玄人受けする技を見せていた。

案の定Oが所属していたチームの誰もが俺のこの技に反応した。

先輩、あの人すっごくうまそうですね、どこでバレーやってた人なんですか?

後輩からこう言われたと、Oが実にうれしそうに俺に報告しに来た。


俺はOに厳しくこう言った。

後輩に言っておけ!

人を見かけで判断するんじゃない!
2008/08/06(水) 21:47:58 試合の話 トラックバック:0 コメント:2

検索

時々アクセス解析、というのをしてみる。
このブログをどんな方が見に来ているのか?
やっぱり気になる。

ドメインしかわからないので個人名までははっきり特定できないが、まぁなんとなくわかる。
見事にほとんどが身内だ。

だが時々検索サイトからこのブログにヒットしてしまう人がいる。

応急処置
プール監視員
救助法講習会
インナースパイク
などなど

すいません。

皆さんの期待にこたえられるものはこのブログには一切書かれてません。 2008/08/02(土) 17:15:56 徒然 トラックバック:0 コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。