FC2ブログ

俺の話を聴け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

走ることについて語るときに俺の語ること44

スタート5分前。

がっしりとした背の高い男が、ひょいと俺の隣に並んだ。足がすごく大きい。

男の前にはハンディカメラで男を撮影しているカメラマンもいる。


ん?

芸能人か?

ははーん。最近のバラエティでありがちな、お笑い芸人をマラソンに参加させるという安直な企画だな。

リアルランナーの俺としては、レースをなめている奴や真摯に向き合おうとしない奴は認めない。

俺の隣のおなじみOも、バレーボール時代に試合で負けて悔しがっているメンバーに向かってよくこう言っていた。

真剣に、真摯に取り組んでいない人間は負けても悔しがる資格がない、と。

そんなことを思い出し、さらにストイックなシリアスハードランナー(の気分)になった俺は、蔑みの目で隣の大男の顔を見た。


その瞬間、俺の眼差しは驚きと感動と憧れの色に変わった。




男は、古田敦也だった。


ある程度の年齢以上の日本人で、古田敦也を嫌いな奴はいないのではないだろうか。

さほど野球に興味のない俺でも、古田は憧れのアスリートだ。


かつてのストライキ騒動のとき、「たかが選手」を代表して球団経営者側と真っ向から対峙し、野球を愛しファンを何よりも大切に思うがゆえに涙を流したあの姿を見た国民は、一人残らず全員古田の味方だった。


ふ、ふ、古田さん、あ、あ、握手してください。

俺の差し出した手をがっちりと握り返してくれた古田は、にっこり微笑みながら俺にこう言った。


がんばりましょう!


…だ、抱かれてもいい…





俺との握手を皮切りに、周りのランナーたちがいっせいに古田に握手を求め、写真をとりまくった。

みんなやっぱり古田が好きなんだ。

古田はいやな顔ひとつせず、全員と丁寧に握手を交わし、言葉をかけていた。


今回一緒に参加した、Oの中学時代の友人でランナー仲間のSも古田と握手したあと、上気した顔でこう言った。


いやぁ古田選手すごいなぁ、

何しろ奥さんが中井美穂だもんなぁ…



そこかいっ!

俺とOが両側からSに突っ込んだところでスタートの号砲が鳴った。

つづく

スポンサーサイト
2011/01/29(土) 13:22:35 走ること トラックバック(-) コメント:0

走ることについて語るときに俺の語ること43

さて、先週のハーフマラソンについて。

会場は千葉マリンスタジアム。

初めて行きました。

最寄り駅は京葉線海浜幕張。


俺の中では、幕張といえば潮干狩り。

古い?

いまは幕張メッセと千葉ロッテマリーンズでしょうか。

この日もゲームソフトのイベントと重なっていて、電車は超混雑。

朝の通勤ラッシュアワーそのもの。久しぶりにあんな混んでる電車に乗った。

駅を出て、だだっ広い道路をまたぐ巨大な歩道橋のうえに行くと、にいちゃんが拡声器で叫んでいる。

ゲームのかたは右折してください!!マラソンのかたは直進してください!!

俺はマラソンのかたなので直進する。

歩くこと約15分。

ようやく会場のマリンスタジアムに着いた。

受付を済まし、ゼッケンを受け取ると三塁側のスタンドに陣取った。

今回はおなじみOも一緒に出場する。

勝負ウェアにゼッケンを付け、勝負シューズに履き替え、勝負キャップをかぶる。

気分が徐々に高揚してくるレース前のこのひと時が楽しい。

レースに出場した人ならわかります。


さて、号砲30分前、スタート地点に移動を開始する。

何しろハーフ出場者1万人規模のレースだ。

準備は早めに開始する。


俺たちのナンバーのグループはかなり後ろのほうだったが、比較的人の間隔も余裕があり、スタート前の緊張感の中でも周りのランナーたちには和んだ空気が漂っていた。

ところがこのやわらかい雰囲気をハンドマイクの絶叫でぶち破るオヤジがいる。

おそらくボランティアのスタッフだ。


このレースでは女子レーンというのを設けていて、女子は前のほうに並ぶことができる。

もちろん「並ぶことができる」のであって「並ばなくてはいけない」ことはない。

一緒にスタートしようとするカップルも当然いるわけだし。

ところがこのオヤジは女性がこのグループに入ることを決して許さない。

女性は前方の女子レーンに移動させることに命をかけているかのようだ。

一人も見逃さず、女性を前に移動させていたオヤジだったが、ついに真っ向からおじさんに逆らう女性が現れた。


私はここからスタートしたい。

彼と一緒にスタートしたいの、と。


オヤジは相変わらず移動しろの一点張りだ。

だがこの女性が理由を聞くとオヤジは一気にだらしなくなってくる。

いやぁそういう風に言われたから…

記録のとり方が違うって話だ見たいだけど(そんなわけねーっつーの)

この女性に加担する他の女子ランナーも現れ、オヤジすかっり押されっぱなし。


まぁ、ここからでいいんならここからでいいですけどね・・・


オヤジ!さっきの使命感にあふれた雄姿はどうした。

女は全部前に移動させろ!

なんて言うやつは出てくるはずもなく、レース前の緊張をほんのりいい感じでほぐしてくれたおじさんであった。

つづく

2011/01/26(水) 22:09:21 走ること トラックバック(-) コメント:0

走ることについて語るときに俺の語ること42

すごい足音が猛烈な勢いで俺に近づいてくる。

明らかに最後の100mで俺を抜こうとしている。

振り向かなくてもわかる。

人が見ているゴール前だけやたらとがんばる奴だ。

ふん!俺にはお前の考えなんて手に取るようにわかるぜ。


なぜなら!


俺様がまさしく「ゴール前だけがんばるランナー」だからだ!


俺は少しスピードを上げた。

足音と激しい息遣いはまだ近づいてくる。

俺もさらにスピードを上げる。

さらに追い込んでくる。

俺はほぼ全力疾走。

後ろの足音も限界に近い。

俺は最後まで後ろの「ゴール前がんばるランナー」をおさえてゴール。


追い上げて来たランナーは声を出して盛大にあえいでいる。

俺は初めて振り返りそいつの顔を見た。


俺よりかなり若い。


ふふ。ちょっとうれしい俺。



自己ベストには遠く及ばないものの、まずまずのタイム。

去年の1月に出た10キロのレースより3分以上速い。

10キロのエイジシュートも果たしたし、新年一回目のレースとしては上出来でした。

さて明日はハーフマラソン。

幕張の海沿いの、どうやら風の強いコースらしい。


明日はどーなる、俺?

早く寝よう。

2011/01/22(土) 22:12:03 走ること トラックバック(-) コメント:0

走ることについて語るときに俺の語ること41

それまでも、やけにアップダウンが激しいコースだなと感じてはいたが、目の前の坂はすごい。

約500メートル急な坂を下ると同じ距離の上り坂が現れる。

しかも坂の頂上が折り返し地点なので、往復2キロの強烈なアップダウンだ。


俺は少しひるみながらもしょうがなく下り坂に突っ込んでいく。

当然スピードが増してくる。

膝のことを考えるとブレーキはなるべくかけたくない。

だがこの調子でスピードを上げ続けると転倒しかねない。

すぐに現れる上り坂も不安だ。


俺はなるべく足に負担をかけないで、しかもなるべくスピードを殺さないように一気に坂を駆け下りた。

そして谷底を通過すると壁のような上りが待っている。


俺はこのときとばかり、最近ある本で仕入れた走法にシフトした。


「えーと、骨盤を前傾させて、お尻を後ろに向けるような感じで、体の真下かやや後ろにフラットに着地して、肩甲骨を寄せて、腕のスイングで腰を回転させて、一直線上を走るような感じで、足首をロックさせて後ろのランナーに靴底が見えないようなイメージで…」


…ところが、楽にならない。

練習の時のぬるくて短い坂道では効果があったが、この長くて急なアップダウンに付け焼刃のテクニックは役に立たなかった。

何しろいっぺんにいくつもの動作を意識しなくちゃならない。

こんがらがった俺は同じ側の腕と足が同時に前に出そうになるのをかろうじてこらえて、何とか頂上の折り返しを回った。

もう一回同じアップダウンをやっとの思いで繰り返すといよいよゴールの競技場がある運動公園が見えてきた。

左に曲がって公園に入る。

そのまま左手に行けば競技場だ。

ところがコースは右にまがる。

どうやら隣接する野球場の周りをぐるっと回るようだ。

この野球場のはにくいことに地形を生かしたつくりになっている。

斜面を利用して外野スタンドができているのだ。その大外を回る。

最後の最後にもアップダウンだ。

コース設定をした人間の意地悪そうなにやけ顔が目に浮かぶ。


そしてやっと競技場のトラックに入る。

ラストは400mトラック4分の3周。

どんなレースでも競技場がゴールというのはなんとなくうれしい。

スタンドの声援に手を振りながらホームストレートを走る。

トラックに入ってから少しスピードを上げて何人か抜いたし、なかなかいい気分でゴールできそうだ。


あと100mでゴール。

そのとき俺の後ろから尋常ではない足音と息遣いが聞こえてきた…。



もう一回だけ続く。

2011/01/21(金) 21:03:28 走ること トラックバック(-) コメント:0

走ることについて語るときに俺の語ること40

先々週の日曜日、新年一発目の10キロのレースに出場した。

年末年始で体重が増えてしまったが、11月・12月といい練習ができていたので、初めて走るコースだったが、最初から突っ込んでいこうと決めていた。


1000人規模のこじんまりとした大会なので、スタート後は比較的早くばらけた。

それでも最初の1キロはこの日の目標ラップより1分近く遅い。

前のランナーをかわしながら徐々に目標ラップのスピードに上げていく。

そろそろ2キロ地点だが表示がない。

ん?見落としたか?

ん?3キロも4キロも表示がない。

そういえば最初の1キロの表示も、わら半紙に手書きだった…

キロ表示が全くないのか・・・

やや不安になりながらも快調に走る。

中間点にだけ表示と制限タイムを知らせる時計が設置されていた。

5キロのラップを確認する。

最初の遅れを入れてもほぼ目標ラップのスピードで走れている。

走れてはいるがやはり苦しい。練習ではほとんど走ったことのないスピードだ。

それに、中間点を過ぎてもいっこうに給水所が現れない。

キロ表示のこともあり、俺はいやな予感に苛まれ始めた。


最後まで、給水ないのか、このレース…


なぜか五七五でつぶやいた俺は、のどの渇きと苦しさに耐えながらいよいよラスト約3キロ地点のタイトなコーナーを左に曲がった。

そのとたん、俺の目の前に現れたのは地の底まで続いていくような下り坂と、その向こうに見える天にまで昇っていくような上り坂だった。


ななななんなんだこのコース…

後半に続く

2011/01/20(木) 10:33:12 走ること トラックバック(-) コメント:0

謹賀新年

全国約3名の当ブログファンの皆様、明けましておめでとうございます。

今年も気負わず、適当に、いい加減に生きて行こうと思います。



さて、年末年始の休みはどうしてこんなに速く過ぎてしまうんだろう?

今回もあっという間に終わってしまった。



そしてあっという間に3キロ増(泣) 2011/01/04(火) 10:04:28 徒然 トラックバック(-) コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。