FC2ブログ

俺の話を聴け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

走ることについて語るときに俺の語ること27

MRIとはなんだ?

MAGNETIC RESONANCE IMAGINGのことである。
日本語で言うと「かくじききょうめいがぞうほう」である。
漢字で書くと、核磁気共鳴画像法。
要するに、核磁気共鳴現象を利用して生体内の内部の情報を画像化する方法である。

何が要するにだ、ちっともわからん。

どうやら強力な磁場で体のなにをあれしてあんなことしたりこんなことしたりするらしい。

理屈はよくわからんが、理屈抜きでなんだかちょっと怖い。


MRIの部屋の前にはなにやら恐ろしげな注意書きがでかでかと張り出してある。

命が惜しければこの扉を勝手にあけるな。
死にたくなければ金属製品をはずせ。
この世に未練があるやつはこの部屋に近づくな。

実際には少し違う文言だったような気もするが、このときの俺にはそう読めた。

ステンレス製の分厚い扉の向こうからは、地獄の底から響いてくる亡者たちのうめき声のような不吉な音が絶え間なく聞こえてくる。

廊下を隔てたMRIの部屋の向かい側はICU(集中治療室)である。
ひっそりとした廊下には、ICUに担ぎこまれた患者の家族たちがすすり泣く声がかすかに響く。

一階の待合室には患者があふれかえっていたのに、この階の廊下にはこの不幸な家族と俺だけ。

逃げ出したくなるような時間をひたすら耐える俺。


不意に恐ろしい声が廊下に響き渡る。

馬鹿オヤジ1号さーーーーーん。お入りくださーーーーい。

は、は、は、はぁーーーーーい。

見事に声が裏返った。


つづく


スポンサーサイト
2009/05/15(金) 21:38:38 走ること トラックバック(-) コメント:0
<<走ることについて語るときに俺の語ること28 | ホーム | 走ることについて語るときに俺の語ること26>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。