FC2ブログ

俺の話を聴け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

走ることについて語るときに俺の語ること30

マブダチの整形外科医は10枚近くあるMRIのフィルムをすごいスピードで見た。
一枚のフィルムに10カットくらい膝の映像が映っている。

バサバサとフィルムをめくっていたが、そのうちの一枚を抜き出すと、机の前の投射板にチャッとはさむと俺に説明をはじめた。

うーん、半月板に小さい亀裂もあるんだけど・・・

だけどなに!?

それより問題はここなんだよね。

どどどどこなのよ!!??

医者が指差す箇所を俺は食い入るように見つめた。
当たり前だが何がなんだかちっともわからん。

ほらここが白くなってるでしょ。

骨挫傷といって半年はランニング禁止だね。

タメぐちドクターはあっさりとこう言いやがった。

は、は、半年っていうと6ヶ月より長いの??

これじゃまるで千両富に当たった八五郎だ。

俺は続けて医者に聞いた。

ウォーキングならできますか?

ウォーキングもだめだねぇ。

スクワットとかなら大丈夫ですか?

膝に負担がかかるスクワットもだめだねぇ。
とりあえず三ヶ月たったらまたMRI撮ってそれを診てみようよ。
ハイ、じゃ今日はこれで。お大事に。

医者は実に軽い調子でにこやかに俺にそう告げた。

半年走れない・・・

俺はやや呆然となった。

半年もの間、トレーニングはどうしよう・・・

医者は俺の質問にこうも答えていた。

水泳か水中ウォーキングならいいんじゃない。

水中ウォーキング・・・・

監視時代からプールでのウォーキングを俺はひそかに「死の行進」と呼んでいた。
黙々と水中を歩く人たちの姿に悲壮なイメージはあっても、トレーニングとはかけ離れたイメージだ。
トレーニングじゃなくてリハビリだ・・・

水中ウォーキングか・・・

俺はドクターストップがかかったトップアスリート、という役になりきって遠くを見つめた。

俺はかつて監視員をしていた温水プールに数年ぶりに行ってみることにした。


つづいてもいい?


スポンサーサイト
2009/05/24(日) 22:36:35 走ること トラックバック(-) コメント:1
<<走ることについて語るときに俺の語ること31 | ホーム | 走ることについて語るときに俺の語ること29>>

コメント

(T_T)/~~~
半年・・・っすか・・・

ウンパルンパの件
ギザ楽しかったのにな~~~・・・
水中ウォーキングですか<(_ _)>
頑張って下さい!!
  1. 2009/05/25(月) 22:35:12 |
  2. URL |
  3. くまゴロー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。