FC2ブログ

俺の話を聴け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

走ることについて語るときに俺の語ること31

俺がかつて監視員をやっていたこの温水プールは、数年前に施設をそっくり建てかえた。
場所だけは同じだが俺がいた頃とは建物もプールも全く変わっている。

当時と比べるとプールのコース数も増え、プールサイドも広くなっている。
天井の半分は開閉式のガラス張りで、プール内はとても明るく隅々まで清潔だ。

無骨で学校のプールのようだったかつての面影はない。

何もかもすっかり変わってしまった…
俺はしばしセンチメンタルな気分でプールサイドにたたずんでいた。

平日の午前中なのでやはり高齢者が多い。


団体利用の集団が俺の前を通り過ぎている。

最後尾にいた女性がふと俺に気づく。

あら、ずいぶんごぶさた。お元気?

俺が監視をやっていた頃に水泳サークルのコーチをしていた指導員だ。
よく見ると他にも何人か知った顔がちらほら…

信じられない。

俺がこのプールで監視員をやっていたのは四半世紀以上前だ。
しかも俺より相当年上のはずだ。


人が作ったものは変わっていくけれど、人間は二十年や三十年じゃ変わらねぇんだなぁ。

しみじみとそう思った俺はゆっくりと泳ぎ始めた。


このシリーズ、なんだかうまく終われないので、もちょっとつづく。





スポンサーサイト
2009/06/01(月) 21:54:35 走ること トラックバック(-) コメント:1
<<走ることについて語るときに俺の語ること32 | ホーム | 走ることについて語るときに俺の語ること30>>

コメント

現代の区民プールがどのように変わったのか想像もつきません。
かつてそこにいたような熱いハートの男達は、もういないのでしょうか?
  1. 2009/06/02(火) 16:14:25 |
  2. URL |
  3. yota #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。