FC2ブログ

俺の話を聴け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

走ることについて語るときに俺の語ること38

今日、自己申告マラソンというレース?に出場した。

今年の納税額をスタート前に申告し、制限時間内ならゴールで還付金が受け取れる。


んなわけない。

スタート前に予想タイムを申告して、実際のタイムとの差を競うレースだ。

当然時計ははずします。


俺は5キロの部にエントリーした。

申告したタイムは、いつもの練習のぬるいタイムより速く、レースのペースより遅い、といったタイムだ。


1.5キロ、3キロの部と合わせて約100人の参加者が一斉にスタート。

コースはいつも走る河川敷の対岸だ。


申告したタイムで走るためには、かなり抑え目に走らなければならない。

レースはどうしてもペースが速くなってしまうからだ。


ところが、抑えられない。

申告したタイムより速いペースで走っているのがわかっているのに抑えられない。

やはり、走り出したら何人たりとも俺を抑えられないのだ。


そんな思いを胸にフィニッシュ。

案の定3分近い誤差。


実はこのレース4人のチームで出場した。

そして、4人の中で俺の誤差が一番大きい。タイムも一番遅いけど。


予想タイムより3分も速く走ったのに、チームメイトから非難ごうごう。



ふん。走り出したら止まらない、生まれながらのサラブレッドの気持ちは駄馬にはわからないのさ。
スポンサーサイト
2010/06/24(木) 22:48:17 走ること トラックバック(-) コメント:1
<<免許更新 | ホーム | 言いたくない言葉>>

コメント

土曜の夜の天使と呼ばれてましたものねー!
  1. 2010/06/26(土) 09:47:27 |
  2. URL |
  3. yota #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。