FC2ブログ

俺の話を聴け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

走ることについて語るときに俺の語ること5

ランナーズ・ハイという言葉がある。
走っている人が名前を呼ばれたら元気よくする返事のこと、ではない。
走っている最中に脳内麻薬であるエンドルなんとかが分泌されてハイな状態になることを言う。多分。
これの中毒でランニングをやめられなくなってしまう人もいるらしいが、俺の経験から言わせてもらえばそんなに簡単にそんなものは出てこんぞ!といった感じである。
まぁ確かに走り始めはいつも「今日は足が重いな」とか「調子悪いな」とか思っていても、ある時間から急に楽になることがある。
でもハイってほどの状態じゃない。

いや待てよ、一度だけそんなことがあったぞ、確かに。
忘れもしない十数年前の東京シティマラソン(そのころはハーフマラソンでした)のゴール近くだ。
疲れていて息も上がっているのに、急になぜかものすごくハッピーな気持ちになった。
一緒に走っていた友人に「俺今すっごく楽しいよ!」と叫んだことがある。
(友人はそのとき確か「俺は苦しいよ!」と答えた)
そのままいっぱいの幸福感に包まれながらゴールしたことを覚えている。
後にも先にもそんな経験をしたことはないが、確かにあの時俺の脳の中には何かがだくだくと分泌されていたと思う。

それが自由に出せたら・・・そういえばエンドルなんとかを取り出して麻薬として売る、見たいなSF映画があったっけ。
誰でもおんなじ様なこと考え付くんだな。
スポンサーサイト
2008/03/11(火) 15:29:35 走ること トラックバック:0 コメント:1
<<お医者様はいらっしゃいませんか!4 | ホーム | 防災訓練>>

コメント

『何もそんな言い方しなくたっていいじゃないか!!』ってありますよね~
私の母は昔、父に対して「この!銀流しが!!」って言って大喧嘩になるのを見ていました。ぎっ!ぎんながし・・・??凄まじい喧嘩のつきない親でした・・・・・・ちょつと意味違いましたね?^^ムフフ
  1. 2008/03/13(木) 00:11:10 |
  2. URL |
  3. くまゴロー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bakaoyaji.blog15.fc2.com/tb.php/20-6c1bfa3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。