FC2ブログ

俺の話を聴け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

バリのこと

昔よくバリへ行った。インドネシアのバリ島だ。
初めて訪れたのは確か1986年2月。今から22年も前だ。
その後バリをとても気に入った俺は連続5年間バリに行くことになる。一年に二回行ったこともあった。
そんな大好きなバリで、今そでこそいい思い出だが、初めて行ったときはいろいろ大変な思いをした。

初めての海外旅行であったがほとんど個人旅行のようなツアーだった。
というのもこのツアー、一緒に行った友人Mのおじさんの友達が経営していたサーフショップ主催のツアーだった。
ツアーといっても参加者は俺たち二人だけ。
手続きは何から何まで自分たちでこなさなければならなかった。
パスポートの申請に行ったときも渡航費用があることを証明する書類の提出を求められた。
俺は給料が振り込まれた直後に記帳した通帳を持っていった。
もちろんほとんどすぐに引き出していたが、引き出した記録の記帳はしていなかった。
係官は俺の通帳を一瞥すると、フン!と鼻で笑い(そんな気がした)書類にDと書き込んだ。D?Dってなに?金額がDランクってこと?

出発の日、成田のどこの旅行会社のカウンターに行っても俺たちのチケットがない。
しょうがなくサーフショップの社長に電話するM。
いやーごめんごめんツアーの名前間違ってたみたい。○○ツアーだから、その辺のカウンターのおねぇちゃんに聞いてみて~ガチャン・・・
こんな感じで電話が切れたらしい。
俺たちにはツアーには当然あるべき、しおりというか案内パンフレットみたいなものは一切なかった。
バリでの宿の名前が書いてあるステッカーが一枚と、前日にサーフショップの社長から受けたという簡単な説明が友人Mの頭の中にあるだけだ。

何とか時間ぎりぎりで搭乗するとすぐにアテンダントが、紙のお手ふき、のようなものを抛り投げるように配り始めた。
俺たちはこのお手拭の封を空け、両手を拭いた。が、これが大失敗だった。
このお手拭は強烈な芳香を発していたのだ。
安い香水を煮詰めたような、日本人には理解しがたい匂いだ。
俺たちはまるで、駅のトイレの小便器に転がしてある黄色い玉をずっと両手に持ち続けている人みたいになってしまった。
まぁしょうがない、次からは気をつけようと、落ち着いて周りを見た。
今度はあまりの飛行機のおんぼろさ加減に驚いた。
今でこそバリは日本人観光客が大挙して訪れる観光地であり航空会社もきっと潤っているだろうが、某国のその飛行機は実に味わい深い飛行機だった。
まず様々な説明書きが全て読めない。英語で書かれていないのだ。
インドネシア語でもない。機内の説明書きは全てアラビア語で書かれていた。
中東のどこかの国の払い下げ機を使っているようだ。
外装は変えられているが中身はそのまんま。それが何か?といった感じだ。
アラビア語ってのは右から左に書かれる文字である。俺のアラビア語に関する知識はそれだけだ。
でもまぁ機内の説明が読めなくたって特別困らない。
困ったのは座席のリクライニングがぶっ壊れていることだった。
座って背もたれに寄りかかるとそのままスーッと後ろに倒れてしまうのだ。
おおっ便利じゃないの、なんてMと笑いあっていたのも離陸のときまでだ。
飛行機が滑走路に入って加速を始める。体にGがかかってくる。俺たちのいすは自然と後ろに倒れてくる。するとアテンダントがものすごい形相で俺たちのところへ飛んでくるのだ。
背もたれを元の位置に戻せという。俺たちは必死で背もたれが壊れていることを伝える。
でもそんなことには耳も貸さない。元に戻せの一点張りだ。
こんなぶっ壊れ飛行機のスタッフなのに、そこだけ妙にかたくなだ。
しょうがない、アテンダントへの説明をあきらめた俺たちは、次第に加速されてさらに加わってくるGにありったけの腹筋の力で絶え続けた。
水平飛行に入りやっとシートベルト着用のサインが消えると俺たちのかわいそうな腹筋は痙攣を起こしそうになっていた。
はーやれやれ、出だしからこれじゃこの先いったいどうなるんだろう。
そう思いながらやけに揺れる機内をよろよろ歩いてトイレに入った。
そしてそこには見事にぶっ壊れた便座が俺を見上げていた。
おれは南の島の太陽を思うよりも行く末に立ち込める暗雲を思っていた。つづく
スポンサーサイト
2008/03/18(火) 00:04:30 昔のこと トラックバック:0 コメント:0
<<監視員のころ5 | ホーム | 俺の書く文章について>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bakaoyaji.blog15.fc2.com/tb.php/25-e4d4d578
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。