FC2ブログ

俺の話を聴け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

バレーボール2

正統派ストロングスタイルのスーパーシリアスバレーボーラーが、俺たち餃子ビールバレーボーラーのチームに加入するにあたって、二つの条件が提示された。

一、勝つために、最低週に一回真剣な練習をすること。
二、勝つために、チーム最年少ではあるが自分の命令には絶対服従すること。

みんな元々バレーボールが好きだったし、まぁ、強くなるためなら多少の練習もいいんじゃないの・・・
ま、今日は硬いことは抜き抜き!さぁさぁ飲も飲も!
居酒屋の席で俺たちはこの条件を生ビールとともに軽く飲み込んだ。
地獄の日々が始まるとも知らずに・・・

次の日からチームの大改革が始まった。
週一回の練習会場は近くの小学校の体育館を借りることになった。
それまでの職員大会の前などに行っていた練習といえば、みんな好きな時間に集まって、適当にストレッチとアップをしてすぐにゲーム、というものだった。

ところが新生チームの練習は体育館の雑巾がけから始まる。
埃っぽい体育館は良く滑るので危険なのだ、そうだ。
だが小学校とはいえ体育館全面の雑巾がけだ。
お寺の小僧だっていまどきこんなことしない。

一度、俺たちの練習に参加した職員大会常連の別のメンバーが、この雑巾がけだけで足がつってしまい、涙ぐんで帰っていったことがあった。

そして、恐怖のサーキットトレーニングが開始される。
スクワット、カーフレイズ、フロントランジ、ヒップレイズ、ブローンボディアーチ、プッシュアップ、シットアップ、バーピー、さらにプライオメトリクストレーニング、倒立歩行・・・

体中の筋肉がぼろぼろになってから、厳しいレシーブ練習が始まる。
左右前後に振られて、酸欠で目の前の景色がだんだん白くなってくる。
最後に、ほとんどジャンプできないような状態でのスパイク練習。

そして、固定されていなかったメンバーのポジションが決められ、それぞれに課題が与えられた。
センタープレイヤーとしての動き、ブロックの完成、クイックのタイミング、時間差のコンビネーションなど。
そして俺には、2ヶ月で10キロの減量・・・
え!なにぃ!なんで?おれだけ?

ど、どーなんのよ、俺。


スポンサーサイト
2008/05/02(金) 23:17:05 試合の話 トラックバック:0 コメント:0
<<バリのこと3 | ホーム | バレーボール>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bakaoyaji.blog15.fc2.com/tb.php/38-617a303f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。