FC2ブログ

俺の話を聴け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

バリのこと3

えー、バレーボールの話の途中ですが、ちょっとお休み。
俺のブログファンの○○高校3年3組の女子高生のリクエストにより、バリの話の続き。

車でいけるのはここまで。すぐ近くだからあとは歩いていきな!
そういって車からおろされた場所は真っ暗な路地。

途方にくれてぼんやり立っていると、どうにか暗闇に目が慣れてきた。
目を凝らして周りをよく見渡すと、遠くの方に小さな明かりがぽつんとついてる。
そこまで行ってみると屋台くらいの小さな露店があった。
雑貨やタバコなどを売っている店のようだ。

店番はするめみたいなおっぱいを放りだした上半身裸のおばあちゃんだ。
日本語はもちろん英語も通じない。
一夜漬けの片言インドネシア語も通じない。
あっちこっち指差して早口でいろいろ言ってくれているがさっぱりわからない。
とりあえずばあちゃんが指差した方向に歩いていく。すぐ道がなくなった・・・。

とりあえずそのまま歩いていくと原っぱのようなところに出た。
明かりがないので本当に真っ暗だ。

だが、いやな感じではない。
なんとなく懐かしい感じなのだ。
日本で、まして都会に住んでいれば、今どき真っ暗闇の夜なんてどこにもない。

いつまでも真っ暗闇に和んでいてもしょうがないので、ばあちゃんが指差した方向へと足を向ける。

いきなり人の家の庭先のようなところへ出た。
よく見るとバルコニーのようなところに上半身裸の男が二人、いすに座ってビールを飲んでいる。

わらをも掴む思いで話しかけてみる・・・。

おおつ!通じた。しかも俺たちのコテージまで連れて行ってくれるという。
俺たちはその男たち(オージーのサーファーだった)に案内されてやっと宿にたどり着いた。

荷物をベッドに放り投げ、シャワーを浴びる。
日本を出てから十数時間、バリについてからも一時間近くさまよい歩いた。
俺はもうへとへとだった。

ベッドに倒れこんでいると、シャワーを終えたMがタオルで頭を拭きながら実にうれしそうに言った。

さぁ!町に出かけようぜ!

忘れてた。この友人Mは人生を楽しむ達人だった・・・・

不定期につづく

スポンサーサイト
2008/05/08(木) 23:05:27 昔のこと トラックバック:0 コメント:4
<<走ることについて語るときに俺の語ること9 | ホーム | バレーボール2>>

コメント

はじめまして(^ω^)

〇〇高校の3年3組の女子高生です(笑)
3年6組の女子高生にはいつもお世話になってます!

いつも更新楽しみにしてるのでこれからも頑張ってください!
  1. 2008/05/08(木) 23:46:51 |
  2. URL |
  3. ちぇろりーぬ #-
  4. [ 編集]

3年6組の女子高生です
女子高生がふたり(それ以上かも)も見てるので頑張ってください
  1. 2008/05/08(木) 23:53:37 |
  2. URL |
  3. か #-
  4. [ 編集]

これだけ「頑張ってください」って言われちゃうと、がんばんないとねー! (o^-’)b
・・・それにしても、さっすが、松本さん!!
  1. 2008/05/09(金) 00:04:33 |
  2. URL |
  3. あおちゃん@常笑気流歌劇団 #iRYlOEkc
  4. [ 編集]

ちぇろリーぬ様
コメントありがと。でもはじめましてじゃないよ。俺はジョアンヌを見てるぜ!

か様
ちゃんとチラシ渡せよ!

あおちゃん様
今年も審査員になると思います!
  1. 2008/05/09(金) 07:46:18 |
  2. URL |
  3. 馬鹿オヤジ1号 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bakaoyaji.blog15.fc2.com/tb.php/39-85567c54
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。