FC2ブログ

俺の話を聴け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

バレーボール14

ファイナルセットが始まった。

Oは、俺たちのチームの攻撃の要であるセンターのK島に、あるサインを出した。
俺たちは一瞬驚いたがすぐにOの作戦を理解した。

最初のサーブが飛んで来る。
ナイスレシーブがOに返った。
それより早くセンターK島がスタートする。
1、2セットで何度も決まった速攻のタイミングだ。
すぐにEの高いブロックが反応してくる。
こちらのセンター攻撃にブロックが3枚ついた。
センターK島はジャンプのタイミングで一瞬動きを止める。
相手ブロッカー3人はそれぞれ、しまった!くそっ!やられた!という顔のまま落ちていく。
センターK島はノーマークのスパイクを相手コートにたたきつけた。

絵に描いたような見事な一人時間差が決まった。

Oはこの攻撃を皮切りに、1、2セットでは見せなかった様々な攻撃パターンを繰り出した。
あの合宿で繰り返し繰り返し体に叩き込んだ攻撃だ。
Oは初めからフルセットになることを見越して、新しい攻撃は最終セットまで封印していたのだ。

ライトのYが回り込んで時間差で打つコンビネーションが決まる。
長身センターAの光速クイックが決まる。
俺のフェイントやOの2アタックまで決まる。

すぐに相手チームはタイムをとった。
今のところは俺たちに流れがきているが、バレーの怖さは何度でも流れが変わるところにある。
俺たちはかつて13対5(15点制のころの話)から1点も取れずに逆転負けを喫したことがあった。

いやな予感は当たった。
わずかなタイムで相手チームは完全に立て直してきた。
俺たちが初めて見せた攻撃パターンにも見事に対応してくる。

Kのスパイクが止められない。
インナーに決められる。
Eのブロックにシャットされる。
そして、サービスエースを取られる。

あっという間に逆転された。

たまらずタイムをとるO。
すばやく各メンバーに指示を出すと、一息深く吸い込んでから、大声でこういった。

ここからはミスをしたほうが負けます!
K一人に集中して、しつこくブロックについて、スパイクを拾って、つないで、粘ってKを潰すんです!

相手チームの攻撃もほとんどKに集中していた。
向こうも苦しいのだ。

この試合で俺はまだKのインナースパイクをレシーブできていなかった。
俺はあの合宿で何度も繰り返したOとの練習を思い出していた。
腕のスイングを見て反応するイメージを頭の中でリピートし続けた。

ファイナルセットもいよいよ終盤を迎えていた。
サイドアウトが繰り返される。
俺たちの両センターのブロックがしつこくKに食らいつく。
シャットアウトはできないもののブロックに引っ掛ける、こぼれ玉をひろう、返す。

俺たちは必死でKの猛攻を耐え続けた。

そして何本目かのKのアタック、俺はKの腕のスイングがはっきりと見えた。
Oの特訓のイメージが鮮やかによみがえる。
次の瞬間、思い切り左前方に突き出した俺の両腕に重い衝撃があった。
Kがボールを打つ瞬間を俺は見ていない。
俺が次に見た光景は、ネットぎりぎりに上がった俺のレシーブしたボールを、Oが苦しい体勢でレフトのSにジャンプトスを上げた瞬間だ。

ついにKを捕まえた。
ブロックが抜けない、コースを変えてもレシーブされてしまう。
Kにあせりの色が濃くなっていくのがわかった。

俺たちはじわじわと追い上げ、同点に追いついた。
しかし相手もしぶとく意地を見せる。

そしてファイナルセットはデュースにもつれ込んだ。

この土壇場で鉄砲肩のライトYが思い切った強いサーブでエースを奪う。
さぁ一気にマッチポイントだ。
相手はK一人。両チームともタイムは使い果たした。後は勝負をつけるまでだ。

何本Kのスパイクを凌いだだろうか、ブロックして拾う。つないで返す。
そしてついにそのときはやってきた。

Kがブロックをかわそうとして打った最後のスパイクは、スローモーションのように大きくアウトしていった。

一瞬の静寂の後、試合終了を告げる主審の笛が鳴った。

歓喜の声が爆発した。
ベンチではマネージャーのYが顔を両手で覆って号泣している。
Kはコートに倒れこんだまま動かない。

ベクトルは本当に交差したのだ。

そしてあの日からちょうど12キロ軽くなっていた俺は、自分の足がもう二度とつらなくなっていたことに初めて気がついていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数日後、全身の筋肉痛からやっと立ち直った俺は、初の二部の試合に向けて軽いランニングをしていた。
商店街の道で前から近づいてくる軽トラックがクラクションを二度鳴らした。
荷台には工具がたくさん積んである。
その軽トラックにはK工務店と書いてあった。

作業着姿の運転手が、親指を上げた拳を俺に向けて窓から突き出している。

Kだ。

こぼれんばかりの天使のような笑顔。
初めて見るまぶしいほどの笑顔。
コートでは最後まで見ることのなかった満面の笑顔。

俺とKの車は言葉を交わすまもなくすれ違う。
俺は窓から出した手を振りながら去っていくKの車が見えなくなっても、その場に立ち止まっていた。

不意に景色がにじんだので拳で両目をぬぐった。
額の汗が目に入ったからだ。

そう、汗が目に入っただけさ。


スポンサーサイト
2008/06/21(土) 21:59:27 試合の話 トラックバック:0 コメント:7
<<監視員のころ6 | ホーム | バレーボール13>>

コメント

なんか、不覚にもじーんときてしまいました(´・ω・`)
バレーボールっていいですね!
てかみなさんかっこいいですね!

感動の最終話でした^^
ありがとうございます^^
  1. 2008/06/22(日) 02:21:39 |
  2. URL |
  3. ちぇろ #-
  4. [ 編集]

その場に…

いやー熱くなりました。自分がこのメンバーだったことを自慢したい気分です。さすが、文章の構成と表現がうまい!
  1. 2008/06/22(日) 06:08:50 |
  2. URL |
  3. おころじー #-
  4. [ 編集]

ちぇろさま
お待たせしました。面白かった?
そう、かっこいいオヤジだっているのさ!

おころじーさま
おこじろーじゃなくておころじーなの?
Oのイメージががらがらと音を立てて崩れる相撲編、近日公開!
  1. 2008/06/22(日) 07:12:38 |
  2. URL |
  3. 馬鹿オヤジ1号 #-
  4. [ 編集]

はい、正しくはおころじーです。一回間違えました。相撲編?きついですねぇ…
  1. 2008/06/22(日) 13:47:02 |
  2. URL |
  3. おころじー #-
  4. [ 編集]

相撲編かぁ・・・ (>◇<;)
おいら出場しないしなぁ・・・
  1. 2008/06/23(月) 02:32:40 |
  2. URL |
  3. あおちゃん@常笑気流歌劇団 #iRYlOEkc
  4. [ 編集]

 懐かしすぎます。K原小でのぞうきんがけから始まったきびちい練習の賜物でした。
  1. 2008/06/25(水) 22:28:55 |
  2. URL |
  3. 二万位 #-
  4. [ 編集]

感動しました!
メンバーの皆さん一人ひとりの顔が浮かんでくるようです。。
Oさん!雑巾がけから良くそこまでチームを作りましたね・・・
それに何といっても馬鹿オヤジ1号さん体重を12キロ落とし大好きなビールを我慢して・・・(涙!)(笑!)
そこまで目標に向かって頑張る男達!カッコいいです!
復活はないのですか?応援に行きたいものです・・・・・
  1. 2008/06/25(水) 22:51:21 |
  2. URL |
  3. くまゴロー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bakaoyaji.blog15.fc2.com/tb.php/58-88b090b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。