FC2ブログ

俺の話を聴け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ボタンの掛け違い

パソコンの調子が悪くて、ずっと更新できずにいた。
というのは真っ赤なうそで、ずっとサボってました。

ボタンの掛け違い、という慣用句がある。
些細な誤解が後々まで解けずに時間だけが経過してしまう・・・といったような意味だろうか。

ボタンの掛け違い。
愛し合いながらも些細なすれ違いから運命に翻弄される二人。
真実の愛の結末は?果たして結ばれるときは来るのであろうか・・・
今、切なくもドラマチックな物語が始まる・・・

なんかだか、チュンサンとユジンがでてきそうな感じだが、この言葉から導き出される俺のイメージはこんな感じだった。今朝までは。

俺は今朝、このボタンの掛け違いという言葉を身にしみて噛み締める羽目になった。

朝、何となく体に違和感を覚えながらも、いつものように家を出てオフィイスに向かった。
近隣の住人たちと挨拶を交わす。
家のすぐ近くにある小学校の先生とすれ違う。
若い女の先生なのでにっこりと笑って挨拶を交わす。
駅はたくさんの通勤通学者であふれている。

職場について窓口の受付スタッフと笑顔で挨拶を交わす。
席につくとすぐに電話がかかってくる。
いつもの日常の始まりだ。

一息ついたところで俺はトイレにたった。
鏡を見る。

絵に描いたような間抜けなオヤジがいた。
シャツのボタンがひとつ掛け違ってずれている。
違和感の正体はこれだった
本当にわずかな間違いなのに、これほどおまぬけ感をかもし出すテクニックも少ない。
この技に匹敵するのは前歯を一本黒く塗るテクニックくらいだ。
テクニックってなんだ。なに目指してんだ俺。

今朝家を出てから今までいったい何人の人と対面しただろう。
おしゃれなおじさんが提案する、今最もトレンドでアーバンな粋な着こなし、というふうに思ってくれないだろうか。
スポンサーサイト
2008/07/07(月) 20:57:01 徒然 トラックバック:0 コメント:2
<<健康診断 | ホーム | 監視員のころ6>>

コメント

ずっと更新待ってましたよ!
  1. 2008/07/10(木) 08:20:23 |
  2. URL |
  3. ちぇろりーぬ #-
  4. [ 編集]

ちぇろりーぬ様
おまたせ!
  1. 2008/07/11(金) 23:10:27 |
  2. URL |
  3. 馬鹿オヤジ1号 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bakaoyaji.blog15.fc2.com/tb.php/60-3cdded42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。