俺の話を聴け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

謹賀新年

全国約3名の当ブログファンの皆様、明けましておめでとうございます。

今年も気負わず、適当に、いい加減に生きて行こうと思います。



さて、年末年始の休みはどうしてこんなに速く過ぎてしまうんだろう?

今回もあっという間に終わってしまった。



そしてあっという間に3キロ増(泣) 2011/01/04(火) 10:04:28 徒然 トラックバック(-) コメント:0

走ることについて語るときに俺の語ること39

えー、こっそり更新。

さて、前回更新の日から今日までの間、バレーボールの久々の公式戦と、ハーフマラソンに一回出場した。

バレーボールの話はいずれまた。

ハーフでは久しぶりにどうにか2時間を切った。
現状ではまぁこんなもんだ。

来年1月に10キロとハーフのレースを経て、3月には2年前のレースで俺の右膝をクラッシュさせた佐倉のフルにいよいよリベンジだ。

10月のレースが終わったあと、3月のフルに向けて走行距離を増やすのと同時に減量を始めた。

月間の走行距離を200キロ以上に増やし、炭水化物の摂取を極度に減らした。

その結果、2ヶ月で約9キロ減。
久しぶりにあのバレーボール大減量時代の体重に近づきつつある。

今回のダイエットで特出すべき点は「一日も酒を抜いていない」ことである。
しかも結構な量を飲んでいる。

酒を飲んでも、炭水化物や脂質、糖質(つまり、ラーメンやご飯類やアイスクリームやお菓子類)を大量に摂らなければ結構いける。

当然ビールや日本酒には糖質も炭水化物も含まれているので、飲めば体重は増えるが、その日のランで絞った体重以上に増やさなければ、ゆっくりではあるが体重は落ちていく、ということが経験上わかった。


フルマラソンでは体重が1キロ減るとタイムも3分減るといわれている。
10キロ体重を落とせば、30分タイムも縮まるということになる。

果たして本当か?

さらに体重を落として自己ベストを更新するのか?
それとも佐倉の厚い壁に返り討ちにあって、再び膝がぶっ壊れるのか?

みなさんお楽しみに!
2010/12/27(月) 14:28:27 走ること トラックバック(-) コメント:0

バレーボール25

さて、いよいよ明日が試合だ。

実に十数年ぶりの公式戦だ。

ここ一月、現役チームの練習会場に押しかけ、練習試合をかさねてきた。

息子ぐらいの年代の現役チームには当然ボコボコにされた。


だが、まったく歯が立たない、というわけでもなかった。


おっさんイレブン(チームは11人)たちは、妙な手ごたえを掴んだのだ。


これまで、6人制しかやってこなかったメンバーなので、9人制のルールやコートの意外な広さに全員が戸惑っているものの、このオヤジたちは・・・


健康のため~とか、運動不足だから~とか、楽しくやれればいいな~



なんて思ってるやつが一人もいないのだ。


あれだけボコボコにされながらも、全員が勝つ気でいるところがすごい。



そしてこのブログを更新している俺はもちろん、多分チームの全員が今頃、

「遠足前夜の昭和の小学1年生状態」であることは間違いない・・・




結果をお楽しみに。  早く寝よーっと。
2010/09/18(土) 23:15:17 試合の話 トラックバック(-) コメント:0

バレーボール24

先月、年に一度の試合があった。

なぜか、この大会の過去三年間の覇者が全て同一リーグという大会事務局の陰謀にはめられ、我々は予選リーグを突破することができなかった。

そして、この地獄の予選リーグで唯一我々に黒星をつけたチームが順当に優勝した。


さて、試合の後恒例の反省会。

様々な敗因が検討された。


そして導かれた結論。


試合が少なすぎる。


一年に一回では、試合勘を取り戻す前に試合が終わってしまう。


そして全員一致で新規チームの結成と十数年ぶりの公式戦復帰が決まった。

6人制はさすがにちときついので、9人制一般男子に登録することになった。

正統派ストロングスタイルのバレーボーラーOによりすぐさま11人の侍たちがリストアップされた。


そして新生チーム初代主将の俺には、もっとも重要な仕事が待っていた。


このブログの読者なら皆さんお察しのとおりです。


俺はすぐにユニフォームの作成に取り掛かったのでした・・・


つづく 2010/08/25(水) 11:52:10 試合の話 トラックバック(-) コメント:1

免許更新

おっと、つい更新をさぼったらあっという間に一ヶ月。

またまた広告がトップに出ちまったのであわてて更新します。


ということで更新つながり。


先日運転免許の更新に行ってきた。

十数年ぶりでゴールドに復帰した。


ケチの付きはじめは免許の再発行だった。

バレーボールの練習中にロッカー荒しにあって、そっくり盗まれた。

しかたなく免許再発行でゴールドがパ~。


その後は順調にスピード違反と駐車違反。


これまでの更新時には遠くの警察の行かなくちゃならなかったり、講習が二時間だったり、

いろいろめんどくさいことがあった。


だが「優良」の更新は地元の警察署で講習も30分。

今回なぜか眼鏡をはずせといわれて写真を撮ったが、ホントに久しぶりのゴールド。


ちょっとうれしい。


それにしても、おまわりさんてどうしてみんなあんなに訛ってるんだろう?

べらんめぇの粋な江戸弁を話すおまわりさんにあったことない。


という意外な結論でした。







2010/07/24(土) 00:32:59 徒然 トラックバック(-) コメント:0

走ることについて語るときに俺の語ること38

今日、自己申告マラソンというレース?に出場した。

今年の納税額をスタート前に申告し、制限時間内ならゴールで還付金が受け取れる。


んなわけない。

スタート前に予想タイムを申告して、実際のタイムとの差を競うレースだ。

当然時計ははずします。


俺は5キロの部にエントリーした。

申告したタイムは、いつもの練習のぬるいタイムより速く、レースのペースより遅い、といったタイムだ。


1.5キロ、3キロの部と合わせて約100人の参加者が一斉にスタート。

コースはいつも走る河川敷の対岸だ。


申告したタイムで走るためには、かなり抑え目に走らなければならない。

レースはどうしてもペースが速くなってしまうからだ。


ところが、抑えられない。

申告したタイムより速いペースで走っているのがわかっているのに抑えられない。

やはり、走り出したら何人たりとも俺を抑えられないのだ。


そんな思いを胸にフィニッシュ。

案の定3分近い誤差。


実はこのレース4人のチームで出場した。

そして、4人の中で俺の誤差が一番大きい。タイムも一番遅いけど。


予想タイムより3分も速く走ったのに、チームメイトから非難ごうごう。



ふん。走り出したら止まらない、生まれながらのサラブレッドの気持ちは駄馬にはわからないのさ。 2010/06/24(木) 22:48:17 走ること トラックバック(-) コメント:1

言いたくない言葉

最近、居酒屋ブームである。

老舗といわれる居酒屋は開店前から行列ができている。

俺がよく行っていた店も頻繁にメディアに登場し、連日満員だ。

店にとっては商売繁盛でよいのかもしれないが、密かな居場所を奪われた昔から通っている常連オヤジたちはきっと淋しい思いをしているに違いない。


太田某や吉田某やらの功罪である。


だが俺は、

あの店も昔はよかったよな。
今はすっかりだめになっちまった。

などと言うつもりは毛頭ない。

こんなことを言うやつはどの世界にもいる。
スポーツでも、文学でも、音楽でも、ラーメンでも。

世間で騒がれる前から俺は知ってたんだぜ、というあからさまな自己顕示欲の発露は実に滑稽でみっともない。
それに、かつて一度でも愛した女が、自分の手の届かない存在になったとたんに悪く言うような男は最低だ。

もし本当に昔のほうがよかったと信じているのだとしたら、自分の感受性が鈍くなっていることに気づいていないだけだ。


今回のブログは、上記のようなせりふを、ついしたり顔で言ってしまいそうになる自分を戒めるために書きました。

皆さんも気をつけましょうね。
2010/06/19(土) 22:32:32 徒然 トラックバック(-) コメント:0

走ることについて語るときに俺の語ること37

今日は仕事が午後からだったので、朝いつもの河川敷に走りに出かけた。

空模様が気になったが、「晴れ男日本代表」の誉れ高い俺の実力を信じて家を出た。

ところが河川敷に着いて、走り始めて2分、雨粒がポツリと俺の顔に当たった。


以前にも書いたが、俺は雨の中走るのが大嫌いだ。

雨粒が顔に当たるのも嫌だし、靴が濡れるのも嫌だ。

嫌だったら嫌なのだ。


すぐにUターンして橋の下でしばらく雨宿りしていた。

しばらくすると軽快な足音と共に雨の中を走るランナーが現れた。

ぼんやり橋の下でたたずんでいる俺の側を走りぬける一瞬、このランナーは俺にちらりと視線を向けた。

蔑んだような、哀れんでいるような、勝ち誇ったような、そんな視線だった。…ような気がした。


俺は橋の下から、放たれた猟犬のように飛び出すと、猛烈なスピードで走り始めた。

歯を食いしばって、いつもの練習では絶対にありえないような速度で走り続けた。


そして橋の下から家まで一気に走り帰ると、ぬるい風呂に飛び込みましたとさ。


あー雨の中走るのってホントにやだ。



2010/06/09(水) 10:33:25 走ること トラックバック(-) コメント:0

バレーボール23

来月試合がある。
約一年ぶりだ。

今回は早めに始動している。
もうすでに数回の練習を行なった。

練習といっても、怪我しないよーに、痛みを残さないよーに、無理せず、そーっとやっている感じだ。

すこし前までは、感覚と体の動きのずれにいらだつ思いをしていたが、最近は両者がマッチしてきている。

と、書くとなにやらよい感じだが、要するに、少し前までは、頭ではもう少し高く飛んでいるのに体は飛べていない、とか、早いボールに頭では反応しているのに体がついていかないとか、そんなことが多かった。

ところが最近、低いジャンプや、遅い体の反応に感覚が合ってきているのだ。

これって進化?退化?

2010/06/06(日) 11:23:11 試合の話 トラックバック(-) コメント:0

時計2

ずーっとずーっと昔、はるか昔のこと。

有名ブランドの高級時計のコピー品を持っていたことがあった。

浅草の路地裏にあった店で買った覚えがある。

もちろん店頭には並んでいない。
時計を見せてくれと頼むと奥から出してくれるのだ。

そこで買った時計をして焼肉を食いに行ったことがある。

どこの店だったか誰と行ったのかすっかり忘れてしまったが、そのとき焼肉屋の親父が俺に言った言葉を今でもよく憶えている。

たんなさん、いいとけいしてるね。わたし、むかーしぽーえきのしことしてたから、よーくしってるよ。

じゃあ勘定の代わりにこの時計置いてくよ。

一瞬そう言ってみようかと思ったが、何しろこの時計、本物だったら400万くらいするものだ。
どう考えてって焼肉の勘定の代わりにおいて行く奴はいない。
大昔の東映の大スターじゃないんだから。

この時計は、たしかこのときの焼肉代の半分くらいの値段だったので、こんなちょこっと面白い経験ができたのでまぁ元は取れたかな。

すぐ壊れちゃったけど。

2010/06/05(土) 11:01:54 徒然 トラックバック(-) コメント:0

携帯

前回の時計の話は、最初は携帯から書き込んでみた。

実は携帯からの投稿は初めてだ。

俺の携帯はとても使いにくい。
さらに近頃視力が低下(ローガンと言いたくない)している俺としては、最近携帯メールがちょっと億劫になっている。

だからミスも多い。

時計の話をプチプチプチプチ入力して、やっと完成させた。

よしこれでOKと投稿する。

久々の更新になんだかちょっと心浮き立つような恥ずかしいような、まるで憧れのサッカー部の先輩とはじめて会話ができた昭和のころの田舎の女子中学生みたいな気持ちで、ブログをチェックしてみた。


…更新されてない。


携帯からは確かに送信されている。

時間をおいてもう一度チェックする。


…更新されていない。


俺はあの間抜けな文章をいったいどこの誰に送ってしまったのか。


「時計」というタイトルのみょーなメールを受け取ってしまったあなた。
すみません。不幸のメールではありませんのでご安心してください。

あ、もしかして続きを楽しみにされていてももう送りませんのでご勘弁ください。

2010/06/03(木) 07:52:18 徒然 トラックバック(-) コメント:1

時計

いやぁまたまたずいぶん長い間更新サボっちゃいました。

全国約7~8人の当ブログファンの皆様、どうもすんません(響風)

またちょろちょろと再開するので、更新されていなくても辛抱して
毎日毎日チェックするように。


さて、先日腕時計を購入した。

俺は高級品やブランド品にそれほど執着はないが(興味がないわけではない)その時計は「いつか買うならこのきっとこの時計だろう」と思っていた時計だ。

仕事用なので休みの日はつけないで置いておく。

先週の土日は週休日だった。金曜日に帰宅して時計をはずし、月曜の朝、腕につけようと時計を見ると、

…止まってる。

この時計は自動巻きなので、静止した状態だと約40時間ぐらいで止まってしまうのだ。

この時代にたった二日しないだけで止まってしまう時計!
しかも月に数秒必ず狂うというおまけつき!
さらに数年に一度結構金がかかるメンテナンスが必要!

なんだか、集団就職で上京後、苦労して一代で工場を立ち上げた純朴な零細企業の社長が、初めて行った銀座のクラブで、金のかかる性悪な女に引っかかってしまったような気分です。

2010/05/31(月) 20:04:15 徒然 トラックバック(-) コメント:0

走ることについて語るときに俺の語ること36

明日は今年二回目のレース。

国立競技場をスタートして神宮外苑や新宿通りを走り、再び国立競技場に帰ってくるというコースだ。

メトロポリタンを走るレースは実に気分がいい。

オリンピック選手になったような気持ちなれる。


普段のレースでは田舎の農道のようなところを走ることが多い。

ギャラリーも農家のばあちゃんだけだったりする。


明日は思いっきり妄想に浸りながら走ろうと思う。


では、今からさっそく役作りに入ります。

初のオリンピック出場の、彗星のように現れた駅伝のスターがいいかな。

故障を持ちながらも3回目のオリンピックで悲願のメダルを狙うベテランランナーにしようかな。

ふふふ。


明日早いのでバカな妄想してないで早く寝よーっと。 2010/01/30(土) 21:30:26 走ること トラックバック(-) コメント:0

走ることについて語るときに俺の語ること35

先日10キロのレースに出場してきた。

ドクターストップ解禁直後の去年の10月のレースより5分以上速く走れた。

今の膝の状態からすれば上出来のタイムだ。


さて、レース前日。

相も変わらずギアに頼るため、チタンテープでおなじみの○ァイテンのショップに出かけた。

箱根駅伝の選手たちが体に貼っていた丸いテープを見ていると、ショップのお姉ちゃんが音もなく背後にすり寄ってくる。

テープをお探しですか?

満面の笑顔。ちょっとかわいい。

え、えーと、明日レースなんすけど、ちょっと膝が痛くて・・・

ここからは完全にお姉ちゃんのセールストーク&テクニックにからめとられる俺。

どうぞこちらにお掛けください。

椅子に座らされ、ジーンズを膝上まで捲り上げられる。

なんだかちょっと恥ずかしい。

いろいろと説明をしながら手際よく俺の膝にいろんな種類のテープを張っていくお姉ちゃん。

その数が尋常じゃない。どんどんどんどん貼っていく。

も、もうそんなに貼らなくても・・・

そして極めつけはなんとかジェルだ。

お姉ちゃんはその効用を説明しながら俺のふくらはぎにジェルを塗り始めた。

ちょっとかわいいお姉ちゃんが、

ひざまずいて、

俺のふくらはぎになんとかジェルを刷り込んでいく。

すりすりすりすり・・・(俺の顔を見上げて)にこっ。



数分後、ありがとうございました~の声におくられてショップを出た俺。

両手には、なんたらテープやらなんとかシールやらかんとかジェルなどがどっさり。


男ってばか。 2010/01/29(金) 22:05:06 走ること トラックバック(-) コメント:0

年の瀬

今年もあっという間に大晦日だ。

時間がたつのが本当に速い。

年とともに加速度的に速くなっている。


なので、


来年からは一分一秒を愛しみながらしみじみと生きていこう。


ブログの更新もがんばります。



ほんとかよっ!

2009/12/30(水) 07:52:55 徒然 トラックバック(-) コメント:1
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。